Loading

おすすめシンガポールウェディング&フォトプラン♪

皆様、こんにちは。

海外ウエディングをご検討中の皆様、

エリアはお決まりですか?

不動の人気・ハワイウエディングやアジアの代表的リゾート・バリウエディング。

今は沢山の選択肢がある海外ウエディングですが、

シンガポールウエディングはいかがでしょうか?

シンガポールでウエディング??

そんな事を思われる方も多いと思いますが、

実は日本のお客様にすごくおすすめなのです!!

その理由といたしまして…

 

シンガポールは安心・安全

アジアの中でも住みやすいと言われているシンガポール。

日本人の方もたくさんいらっしゃいます。

ゴミのポイ捨て、歩きタバコは罰金と言われているこの国は街中がとても綺麗。

治安も良く、お2人もご家族の方も安心してお過ごしいただけます。

初めての海外旅行にもおすすめです。

シンガポールは日本からアクセス◎

日本全国各地より直行便が出ているため、

他のリゾート地よりもアクセスしやすいのも人気の理由のひとつ。

便数も多く時差も1時間しかないため短期間でのご旅行が可能です。

シンガポールは良心的な価格

滞在費や現地でのお小遣い、

何かと出費がかさんでしまうのが海外ウエディング。

シンガポールは比較的ヨーロッパなどのウエディングに比べお安く(お料理・マッサージ・お買い物)済ませる事が可能です。

…さて、そんなシンガポールでどのようなウエディングが出来るのでしょうか。

 

The Wedding&Co.のシンガポールウエディングで1番人気は

”フラートンベイホテル”

シンガポールの重要文化財でもあるフラートンホテルの姉妹ホテルのフラートンベイホテル。

シンガポールのシンボルでもあるマリーナベイエリアにあるラグジュアリーな5スターホテルです。

目の前にはマリーナ・ベイ・サンズ、そしてCBD(セントラル・ビルディング・ディストリクト)が見え、

結婚式の参加者もその雰囲気に魅了されてしまうはずです。

アジア最先端のアーバンなウエディングを挙げることが出来ます♪

 

mandarin-oriental-singapore-panoramic-cropped

続いては五つ星

”マンダリンオリエンタルホテル”

  シンガポールのシンボル・マリーナベイサンズも見渡せるベイフロントのエリアにあります。

こんな都会的な場所で迎えるその日はとは…?

mandarin-setting_0003mandarin-setting_0001 

プールサイドにあるガゼボでその1日を迎えます。

都会派ウエディングなのに、

リゾートの一面も持ち合わせたこの会場は

シンガポールを表しているかのようなTHE シンガポールのウエディングです♪

 

シンガポールで教会ウエディングも可能です。

“チャイムス(Chijmes)”

1854年にフランス系修道院を修復されたチャイムス。廻りにはレストラン、バー、ショップなどの複合施設もあり、

世界中の観光客、そしてローカルのカップル、若者にも人気の施設となっております。

歴史ある建物が故に外観、教会内共にすばらいい雰囲気となっております。

アジアの良さとヨーロッパの良さを兼ね揃えた素晴らしい結婚式を挙げることが出来ます♪

 

さて続いてはシンガポールの中心地・オーチャードのど真ん中にそびえ立つちょっと変わったウエディングをご紹介します。

new_facade_2016_2(ION WEBサイトより)

会場はIONオーチャードの中にある

レストラン

”Salt Grill & Sky bar”

 

高層ビルの最上階で迎える天空ウエディングです。

 main-dining-cage-area

img_9717

もちろんマリーナベイサンズを望む事もでき、

お料理にこだわりたい・少し変わったウエディングをお望みの方にはおすすめの会場です。

ご希望の会場はございましたでしょうか?

————————————————————-

さて、ここまではウエディングを紹介してまいりましたが、フォトウエディングのご案内も致しております。

前撮りやハネムーンの記念に、

またはアニバーサリーフォトとしていかがでしょうか?

Hiroaki & Maki_ps_001 IMG_9709-500

IMG_8866-800 IMG_9299-800 

 

 

シンガポール各エリアでのお撮影パッケージはそれぞれ108,000円〜ご案内を致しております。

お衣装もレンタルでご用意しておりますので、

ご旅行の記念にとしてお手軽にご利用いただけます。

シンガポールでのウエディング・フォトウエディングの事はTHE WEDDING & Co.に

お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら


Author:Atsuko Ishii

 

関連記事一覧

PAGE TOP